未分類

【You Tubeの広告すべて消す】+お金も稼げるブラウザ「Brave」とは?方法を徹底解説!

投稿日:

「YouTube の広告にはもうウンザリ、、」

こういう理由でYoutubeプレミアムに加入している人は多いのではないでしょうか?

 

Youtubeプレミアムは¥1,180/月から加入できます。(iPhoneの場合¥1,580/月)

 

が、

 

無料でYoutube広告を消す方法はあるんです。

 

 

しかも、Youtubeだけでなく、すべての広告をブロック。

さらに、同時にお金も稼げるという、

もはやワケのわからないブラウザアプリがあるんです。

 

☑Youtubeに課金している人

☑広告で時間をムダにしてしまっている人

 

いますぐ見てください。

僕は今年に入って1番の有益な情報だと思っています。

 

「使わないで今まで通りにYoutubeアプリでいく」

という方は、ここまでのお時間を取ってすみませんでした。

 

ただ、

 

☑最大年間1万8960円

☑年間12時間の時間

 

こちらを失うことになるかもです。

大事なお金と時間を失いたくない方は参考にしてみてください!

 

 

 

【You Tubeの広告すべて消す】+お金も稼げるブラウザ「Brave」とは?

今回紹介するのは「Brave」というブラウザアプリです。

すでに2500万人が利用しており、最近波に乗っている新しいプラットフォームです。

 

コンセプトはざっくり言うと

「GoogleとかYoutubeとか最近広告多すぎじゃね??」

 

 

というのが理由で作られたブラウザアプリです。

 

 

そして「Brave」を作った開発者はブレンダン・アイクさんという人で

この人はなんとプログラミング言語のJavaScriptを作った人という天才です。

 

 

「JavaScriptを作った人」と言われてもピンとこない人に

めっちゃ簡単に説明すると、

「言葉つくった」クラスのスゴい人です。笑

 

 

まとめると、天才ブレンダン・アイクさんが作った「完全に広告が発生しないブラウザ」

これが「Brave」です。

 

 

「Brave」のダウンロードとYoutubeの広告を消す方法

 

ステップは4つです。

 

1.「Brave」をダウンロード

2.通常タブを「Google」に設定

3.Youtube公式サイトをBraveの「PC版サイト」で開く

4.Youtubeをブックマークしたら設定完了

 

 

「Brave」をダウンロード

 

「Brave」はこちらからダウンロードできます。

 

 

 

 

Brave 広告をブロック(adblock)する高速ブラウザ

Brave 広告をブロック(adblock)する高速ブラウザ

Brave Software無料posted withアプリーチ

 

基本的にはダウンロードすればOKですが今回は広告を消す手順を説明していきます。

 

通常タブを「Google」に設定

 

ダウンロードしてホーム画面に来たら、次は通常タブを設定します。

ホーム画面の右下のボタンを押します。

 

ここから設定に移り

 

「検索エンジン」の通常タブをタップし、Googleを選びます。

※お好きなエンジンをどうぞ

 

 

Googleアカウントを持っている人はそのあとGoogleと検索し、

そこからGoogleアカウントのログインを行えば設定完了です。

 

Youtube公式サイトをBraveの「PC版サイト」で開く

次にYoutubeに行きます。

 

ここで注意なのが、普通に行こうとするとYoutubeアプリの方に行っちゃうので

さきほどの右下の設定から「PC版サイト」にチェックを入れて

ブラウザ版でYoutubeにアクセスしましょう。

 

Youtubeをブックマークしたら設定完了

 

うまくYoutubeのブラウザ版にアクセスできたら

「PC版サイト」からチェックを外してもOKです。

 

おそらく、スマホ版のYoutubeになっているはずです。

 

個人的にはホーム画面に追加するのがオススメ

ブックマークだけでも充分ですが、

スマホの方であれば個人的にはホーム画面に追加したほうがいいでしょう。

 

 

こんな感じに今までのYoutubeアプリのような使用感で使えます。

 

設定でバックグラウンド再生も無料でできる

Braveの設定画面に行き、バックグラウンド再生をオンにすると

なんと他のアプリに行っても音声は再生されます。

 

画面を閉じてもしっかり動画は再生されます。

 

ここまでくると、もはやYoutube Premiumに課金する意味とは、、、?笑

 

 

「Brave」でお金が稼げる?具体的に稼ぐ方法

広告が消えるという時点で相当ありがたいアプリですが、

Braveの本当にすごいところは、設定によって収益が入るというところです。

 

「Brave」の基本方針として、

「ユーザーは広告を見るか見ないかを選ぶ権利がある」というのがあり

 

「広告を見る」という設定を行えば、その分の広告収益が入ってくるという仕組みになります。

 

ちなみに、現金で支払われるのではなく、仮想通貨「BAT」での支払いとなります。

 

「BAT」は時価総額2000億(2021/5月現在)の仮想通貨で、

日本の取引所でも扱われている割と有名なコインです。

 

 

「Brave」で稼ぐための3つのステップ

手順1.「Brave Rewards」で広告の設定をする

右上の三角のアイコンをクリックするとBrave Rewards(スマホの場合は「設定」)という画面に行きます。

 

 

そこの「広告」という部分をオンにします。

ちなみに広告設定という部分から1時間に何本の広告を受け取るかというのを

選択できます。

 

広告を受け取る数が多いほど、収益が多く発生するという仕組みですね。

現在は最大で「1時間に5件」まで設定できます。

 

僕は「1時間に5件」で設定してますが、全然気になるレベルでは無いですね。

スマホだと自然に通知がポッと出てくるだけです。

 

気になる人以外は最大の設定でも問題は無いと思います。

 

手順2.ビットフライヤーの口座を開設する

次にビットフライヤーの口座を開設します。

(すでに開設している人は飛ばして大丈夫です)

 

Braveで「BAT」を手に入れても、そのままでは何も使えませんので注意です。

ビットフライヤーはこちらで開設できます。

 

ビットコインならbitFlyer 仮想通貨 取引ウォレット

ビットコインならbitFlyer 仮想通貨 取引ウォレット

bitFlyer, Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

運転免許証などの身分証明書を1つ持っていれば、

すべてオンラインで開設できます。

 

僕も開設しましたが、数年前の仮想通貨取引所と比べてめちゃくちゃ簡単になってます。

審査は長くても1日くらいで終わるので、すぐに開設できると思います。

(僕が初めて仮想通貨をやり始めたときは出来るまで2週間くらいかかっていたので、

この早さには正直、感動しました。笑)

 

 

ビットフライヤーと「Brave」をつなげる

ビットフライヤーで口座を開設した後、

「Brave」とビットフライヤーをつなげます。

 

さきほどのBrave Rewardsの設定画面に行ってもらうと、

右上に「ウォレットを認証」というのが出てきます。

そこをクリックしてもらい、ビットフライヤーをログインすると、

「Brave」とビットフライヤーが連携されます。

これで終了です。

 

あとはもらった「BAT」をビットフライヤー上で売ってもいいし、

そのまま持って価値が上がるのを待ってもいいという感じですね。

 

公式でも詳しい手順を説明しているので、一応リンク貼っておきます。

 

https://try.bravesoftware.jp/ref/ja-wallet-2-may-2021/w.html

 

「Brave」でどれくらい稼げるの?

僕は広告設定を使い始めて1ヶ月くらいですけど、

だいたい2ドル(200円)くらいでした。

 

まあ、ここの部分はお小遣い稼ぎといった感じですね。

1年間だと2000円くらいなので、無いよりはあったほうがいいといった感じ。

 

 

とはいえ、個人的に現在の仮想通貨市場をみても「BAT」の価格は上がると思っているので、

あえて売らずに持っておくというのも手だと思います。

 

まあ、投資の世界に“絶対”は無いので、

個人の判断でやってみてください。

 

僕はどうせ無料でもらったものなので、放置しています。

 

今なら1000円分の「BAT」がもらえるキャンペーン有り

これは6月末日までですが、

いまビットフライヤーを開設してブラウザ版のBraveとつなげると1000円分の「BAT」がもらえます。

 

これは結構おいしい話ですね。

開設にあたってリスクも特に無いと思うので気になる方はやってみてもいいのではないでしょうか。

公式サイトを見てみたら、「予算がなくなり次第終了」と書いていたので

考えている人はお早めに!

 

ビットフライヤーリンク

 

「Brave」のメリット

 

「Brave」を使い始めて2ヶ月ほどの僕が感じたメリットはコチラ

 

 

メリット1 広告が完全に消える(Youtubeでバックグラウンド再生も可能)

メリット2 動作が早い(Google Chromeより8倍早い)

メリット3 通信量のが節約できる

メリット4 時間の節約

メリット5 プライバシーが守られる

 

 

順番に解説していきます。

 

メリット1 広告が完全に消える

やっぱりこれですね。

本当に広告が完全に消えます。

 

僕は在宅勤務がほとんどなのでBGM代わりにYoutubeを使っているのですが、

(直近1週間だと33時間も開いているほど超ヘビーユーザーです。)

Braveを使い始めてから1回も広告は出てきてません。

 

 

あの15秒経たないとスキップできないヤツや

「広告をスキップする」を押すというストレスから完全に解放されました。

 

 

さらに、たまに出てくるポップアップ広告。

↓こんな感じのやつです。

 

これも完全になくなりました。

あらゆる広告が消えるというのがBraveのすごいところですね。

 

 

1ヶ月で消えた広告は8万6000個

1番ビビったのはここです。

Braveのホーム画面に削減された広告の数が出るのですが、

現時点で、なんと1ヶ月で86K。

 

8万6000個もの広告が削減されたという結果になっていました。

 

、、、これやばくないですか?笑

僕たちは知らず知らずのうちにこれだけの数の広告を見ていると思うと

かなり恐ろしいですね。

 

メリット2 動作が早い(Google Chromeより8倍早い)

とにかく動作が早いんです。

広告を読み込む必要がない分、表示速度も早くなっているんでしょうね。

 

角川アスキー総合研究所の調査では

Braveが主要ブラウザアプリの中で最も表示速度が速いという結果になったそうです。

 

公式の発表では例えばGoogle Chromeの場合、

ブラウザ版で3倍。モバイル版では、なんと8倍も早いそうですね。

 

 

実際に使っていても、かなりサクサク動いている感覚があります。

 

 

メリット3 通信量のが節約できる

広告を読み込むのにも通信量は当然かかります。

それがカットできるということは、広告分の通信量が節約できるということですね。

 

僕の場合、1ヶ月で約1.7GBの通信量を節約できました。

 

1ヶ月で1.7GBの節約は結構でかいですよね。

特にスマホユーザーは月末になると速度制限になったり、、、

なんてことありますもんね。

 

Braveを使えば通信量を気にせずに動画を見れるようになりますね!

 

 

メリット4 時間の節約

広告を見ている時間

特にYoutubeの広告を見ている時間はただただイライラしますが、

これがどれだけの時間になるかご存知ですか?

 

僕は1ヶ月で1時間ほど時間を節約できました。

画像

 

これもかなり驚きですよね。

1時間あればアニメ2話くらい行けちゃいますからね。

 

年間に換算すると12時間です。

映画6本分です。

 

 

タイム・イズ・マネーと言いますが、

年間12時間も広告を見ているのはまさにお金をドブに捨てている感じで悔しいです。

 

 

メリット5 プライバシーが守られる

Braveのメリットとしてプライバシーが守られるというのがあります。

近年、Googleが実は個人情報を抜いているのでは?

という議論がされています。

 

大半のウェブサイトや広告には、個人を特定しようとするプログラムが埋め込まれています。

インターネット上でのあなたの行動が全て捕捉されているのです。

Braveはそのすべてをブロックした上で、安全にブラウジングできるようにします。

Braveの公式サイトではこのような説明がされていました。

 

さらに、シークレットタブについてもこのような説明がされています。

 

他のブラウザも「プライベートモード」を提供していますが、それらは単にあなたの閲覧履歴を隠しているにすぎません。

BraveではTorの機能を利用することができます。

Torは履歴を隠すだけでなく、目的のアドレスにたどり着くまでに複数のサーバーを経由して閲覧することで、

アクセスしたサイトからあなたのアドレスを遮蔽します。

また、それぞれの接続は暗号化されるため、匿名性が高まります。

 

この「Tor」という機能は、非常に匿名性が高いものです。

その匿名性の高さから、Torを使ってダークウェブへアクセスするという使い方もできてしまうというほどです。

※もちろん、Torを“使っている”ということであって、ダークウェブの危険性はありません。

 

こういったユーザー目線でサービスが展開されているのは

かなり嬉しいですよね。

 

現代は便利になりましたが、

これからの時代はやはりプライバシーにも意識していかないといけないですね。

 

「Brave」のデメリット

 

正直、デメリットはほとんど無いです。

ですが、あえてデメリットを挙げるとしたらこの2つでしょうか。

 

 

デメリット1 Youtubeの使用感はアプリの方が若干使いやすい

デメリット2 Youtubeをホーム画面に追加したらタブが増える

 

 

デメリット1 Youtubeの使用感はアプリの方が若干使いやすい

Youtubeの使用感はやはりアプリの方が使いやすい感じはします。

具体的にはアプリとは違った「ブラウザで動いている感」があります。

 

あと、ライブ配信のコメントは観れないです。

個人的にはコメントは観ない派なので、特にデメリットはありませんが、

コメントも一緒に観たいという方はデメリットかもしれません。

 

そういうときはアプリを起動して観るのもアリだと思います。

ちなみに通常の動画のコメントは観れるのでそこは大丈夫です。

 

デメリット2 Youtubeをホーム画面に追加したらタブが増える

さきほど、Youtubeをホーム画面に追加するのがオススメと言いましたが、

アイコンを押すと新しいタブで開かれるので、

ある程度溜まったら消していくという作業が必要になるかもです。

 

気づいたらタブが何十個にもなっている、、

 

こういうことがあるので、そこだけがめんどくさいですね。笑

 

Youtubeの動画を開くと「無効な応答を受け取りました」となったときは?

たまにYoutubeを開いていると「無効な応答を受け取りました」となるときがあります。

調べてみると、だいたいサーバー側の問題だそうなので待ってれば直ります。

 

または、Braveのライオンマークを押して、

・Brave Shieldsをオフ

・Brave Shields詳細設定の「トラッカーをブロックする」をオフ

 

こちらで解決すると思われます。

 

 

まとめ:「Brave」を使わない人は1年間で休日が1日減っている

 

Braveを使わないだけで、年間の休日が1日減っています。

 

通常のブラウザを使うとそれほどの時間を浪費してしまっているんですね。

それどころか、いまだったら1000円も得するというもはやバグ状態。笑

 

個人的に2021年で1番やってよかったことがBraveです。

 

年間12時間をムダにしたくない人

Youtubeで広告を観たくない人

通信制限で悩みたくない人

 

ダウンロードするだけなんでやってみるのをオススメします。

 

 

Brave 広告をブロック(adblock)する高速ブラウザ

Brave 広告をブロック(adblock)する高速ブラウザ

Brave Software無料posted withアプリーチ

 

 

 

ビットコインならbitFlyer 仮想通貨 取引ウォレット

ビットコインならbitFlyer 仮想通貨 取引ウォレット

bitFlyer, Inc.無料posted withアプリーチ

 

-未分類

Copyright© キリューBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.